外貌醜状知るメリット

外貌醜状には、前述の通り等級分けがされています。そしてこれを知ることには、大きなメリットがあります。なぜなら、損害賠償を請求する際有利となることもあるためです。外貌醜状がひどければひどいほど、加害者からとれる保証額は上がります。交通事故被害に遭い、さらに体に醜状が残っているともなれば、心身共に大きな負担を味あわされていることでしょう。金銭的保証を得られれば、精神負担を和らげることに繋げられます。

外貌醜状外貌醜状で請求できる慰謝料の相場は、次の通りとなっています。第14級であれば、32~110万円、12級なら93~290万円、第9級は245~690万円、そして第7級になると、409~1,000万円の請求が可能となります。金額に開きがあるのは、基準の設定によって相場が大きくことなってくるためです。自賠責保険であれば比較的安く、任意保険の場合はやや上がります。そして弁護士が裁判を通しておこなう弁護士基準の場合は、さらに大きく上がるといった傾向にあります。

いずれにおいてもいえることは、早い段階で弁護士に後遺障害の相談をすべきということです。外貌醜状が損害賠償請求に有利かどうか、さらに程度の分類などは、素人では判断が難しいところです。頼れる弁護士に相談しておけば、安心でしょう。


関連記事

  1. 交通事故の後遺障害
  2. 見た目の問題について
  3. 外貌醜状の分類

外貌醜状の分類

同じ外貌醜状という考え方でも、いくつかの種類に分けられます。いえ、どちらかといえば段階と表現すべきでしょうか。そのため、保証の対象として外貌醜状を活かそうと考える場合は、まずどの程度の醜状であるかに注目すべきです。

分類表分類は、交通事故における後遺障害の分類表にて定められています。まず軽度なものとしては、第14級4号における、上肢の露出面に手のひらの大きさの酷い痕を残すもの、同5号、下肢の露出面に手のひらの大きさの酷い痕を残すものがあります。後遺障害等級表は級の値が小さくなるごとにレベルが上がっていくので、第1級に近づくにつれ、またさらに程度は上がっていきます。

次のレベルとしては、第12級14号が該当します。外貌に醜状を残すものと、定義されています。そして次に第9級16号の外貌に相当程度の醜状を残すもの、第7級12号外貌に著しい醜状を残すものと続きます。

ここでポイントになってくるのが、醜状が「醜さの状況」を表している点です。いったいどの程度が醜いと感じるかは、人によって違ってきます。そこへきて、これら基準は相当程度や著しいなど、表現が少々あいまいです。そのためこの外貌醜状については、何かと加害者と被害者の間で食い違いが起こりやすいといわれています。


関連記事

  1. 交通事故の後遺障害
  2. 見た目の問題について
  3. 外貌醜状知るメリット

見た目の問題について

外貌醜状は、交通事故による被害のひとつとして正式に捉えられている要素のひとつです。やはりそれだけ、精神的社会的ダメージを与える存在として定義されているのです。たかが見た目、されど見た目といったところでしょうか。とはいえ、外貌醜状という言葉は日常においてそう聞くことはないでしょう。特別な定義が伴うため、正しく理解しておいてください。

交通事故まずひとつに、交通事故に起因する傷痕であるということです。ただ、ケガの考え方とは少し異なります。というのも、この傷痕が仕事や運動に影響しない場合であっても、交通事故の問題である外貌醜状に含まれるためです。つまり、身体への影響がないとしても、醜さとして残ってしまう時点で交通事故の外貌醜状と定義されるということです。ここにも、人が活きる上での見た目への尊重が反映されています。

そしてもうひとつ、直接的な交通事故による傷でなくても、外貌醜状と捉えられる場合があります。それは、手術などによる治療痕です。交通事故により負ったケガを治すために手術をおこなうと、規模によって痕が残ってしまうかもしれません。この場合、直接的なケガは治っていたとしても、交通事故による外貌醜状に該当します。


関連記事

  1. 交通事故の後遺障害
  2. 外貌醜状の分類
  3. 外貌醜状知るメリット

交通事故の後遺障害

後遺障害交通事故の恐ろしさは、すさまじい衝撃によるケガや死亡リスクのみに留まりません。もちろん、リスクという観点で考えれば命を落とす危険性が何より重大ではありますが、懸念すべき点はそれだけでもないのです。精神的ダメージを被る存在にして、長期間つきまとうケースもあります。いえそれどころか、一生付き合い続けなければならない可能性もでてくるでしょう。

ケガや死亡リスクと並べられるほどの交通事故における懸念点それは後遺障害です。交通事故に遭ってケガをしたら、まず病院で治療を受けるでしょう。人により、数ヵ月から1年以上かかる場合もあるかもしれません。ですが、治療が終わってもなお付き合い続けなければならない障害が残る場合もあります。それこそが、後遺障害です。

後遺障害になってしまうと生活のあらゆる面にデメリットが生じることでしょう。精神的な問題から、仕事、人付き合い、外見問題など、数えだすときりがありません。それこそ、人生全体の充実度を狭めているともいい換えられるでしょう。そういったケースも含め、交通事故には細心の注意を払いたいところです。

以下の特集では、後遺障害の中でも特に負担の大きい外貌醜状について紹介しています。外貌、すなわち交通事故の影響が見た目に残り続けてしまう症状です。人が社会で生きるにおいて、外見はとても重要です。外貌醜状についてどのように考えるべきか、また保証はどのようになっているのかなど、詳しく知っていきましょう。


関連記事

  1. 見た目の問題について
  2. 外貌醜状の分類
  3. 外貌醜状知るメリット